武蔵小山のラーメン店「せい家」で僕がやってしまう、背徳感たっぷりの食べ方

武蔵小山のラーメン店「せい家」で僕がやってしまう、背徳感たっぷりの食べ方

行きつけのラーメン屋さんはありますか?

僕の行きつけのラーメン屋さんは武蔵小山にある「せい家」。豚骨スープの濃厚な美味しさと500円(税別)で食べられるというコストパフォーマンスの良さ、そこにどこからともなく感じる背徳感。会社帰りの僕の欲しているものが全て詰まっているラーメン屋さんです。

武蔵小山の家系チェーン店「せい家」

せい家は、東京都内で24店舗もお店を構える有名チェーン店。中毒性のあるスープのうまさと圧倒的な安さで人気を誇っています。そういえば大学時代の友人も毎日「今日もせい家だぜい!」と行って走り回っていたきがする。

まさか僕もそうなるとは。

せい家のメニューこちらがせい家のメニュー。

普通(家系とんこつ)のラーメンと味噌の2種類のラーメンから選びます。どちらも500円(税別)で食べられるのでお好きなほうを。僕は気分で変えているのですが、今回は普通のラーメンを。

好みの味をカスタマイズでき、いつも「細め・硬め・油少なめ」で頼んでいます。これが個人的に最強のカスタマイズ。

他にもビールや餃子などのサイドメニューも充実しているので、会社帰りのサラリーマンにとっては嬉しい。

僕がやっている、背徳感たっぷりのせい家ラーメンの食べ方

ここで、僕がやっているせい家ラーメンの食べ方をご紹介したいと思います。にんにく好きには一度やって見て欲しい。くれぐれもその後(と次の日)の予定は入れないように。もちろんそのままでも美味しいので、無理をせず楽しんで欲しいです。

せい家のラーメンこちらが今回注文したラーメン。うまそうすぎる…のりは多めにトッピングしています。

まず、のりを一枚ぺりっと剥がし、スープに浮かべます。すぐに「ジュワッ」と音をたてながらスープがのりに染み渡る。

そしたらそこに、少量のおろしにんにくを。多く入れると後悔することはいうまでもないので、少しにしておきましょう。

ここまで来たら先が見えてくると思います。そう、

こののりを麺に巻いて食べるのです!

これがめちゃくちゃうまい。のりの香りとラーメンの豚骨スープ、にんにくのダイレクトなパンチが口の中で合わさってうまみの権化となりました。

なんといってもこの背徳感が最高なのです。

仕事終わり、明らかに太りそうなこの濃厚なラーメン。家族に迷惑をかけてしまうかもしれない匂いを放つにんにくと合わせるこの背徳感がうまさを倍増させます。そしてもちろん替え玉のバリカタも頼んでしまいます。

食べ終わったスープには最後、スプーンに盛った生姜をたっぷりと入れてみてください。グッとスープがマイルドになって、ぐいぐいいけちゃいます。

背徳感を感じるラーメンは他にない

武蔵小山には冠尾(カムロ)爆龍(ハゼリュウ)など、美味しいラーメン屋さんが多く軒を連ねています。味はそれぞれ全然違う個性をもっていますが、こんなに背徳感を感じるラーメンは他にないと思っています。

少し遅めの時間にいって、せい家のラーメンの旨味を全身に感じてみてください。きっと最高の時間が待っています!

せい家 武蔵小山店

店名せい家 武蔵小山店
住所東京都品川区小山3-25-2
電話03-5749-3188
営業時間11:00~翌2:30
定休日年中無休
タバコ完全禁煙
座席数15席(カウンター7席 / テーブル8席)
支払い方法カード不可
予約予約不可
関連リンクせい家 武蔵小山店 - 武蔵小山/ラーメン [食べログ]
キーワード
ラーメン