洋風民家の隠れたイタリアンバール「三丁目バール」でディナー!

洋風民家の隠れたイタリアンバール「三丁目バール」でディナー!

武蔵小山駅から徒歩3分。洋風民家のいかにも入りにくそうな扉を開けると、カジュアルなイタリアンバールがあることをご存知でしょうか。

店の名前は「ワイン酒場 三丁目バール」。

今回はそこでいただいたディナーの様子をご紹介します。

ワイン酒場 三丁目バール

武蔵小山駅を出て商店街とは逆側、三菱UFJ銀行の方面にいくとある洋風民家。

外には「三丁目バール」という表札はあるものの、いかにも洋館という見た目で少し入るのをためらってしまいます。

しかしながら、店内はご主人が1人で切り盛りするカジュアルなイタリアンバール。

料理もワインも、リーズナブルにいただける良いお店でした。

店内看板に書かれたメニュー

足を踏み入れると

「いらっしゃいませ〜!」

というご主人の優しい声が響きます。

席は全部で13席とすこし狭めではありますが、常に主人に声がとどく範囲にいるので安心感はあります。

メニューは店内黒板に。

ドリンクもフードも結構なメニューがあります。パッと見た感じはどちらもリーズナブルで気軽にいただけそう。

気軽に、美味しくいただけるフードの数々

さっそく赤ワインで乾杯。

当日のワインはボノス(グラス500円)というものでしたが、これが濃厚で驚くほどおいしい。

一番リーズナブルなワインで置いてあるレベルではないくらい濃く、深い味わいが楽しめます。グラスもちゃんとこだわりを感じる。

フードは生ハムなどの前菜盛り合わせ(800円)から

レバーパテ(600円)など。

こちらのレバーパテは臭みもなく、苦手な人でも絶対に美味しく食べられる味。

きのこのキッシュ風オムレツ(600円)もいただきました。ふわっふわで、かかっているソースといただくのがこれまた絶品。

大好きなクラムチャウダー(700円)もあったのでこちらも注文。この値段のボリュームじゃない。。。

こちらもコクがしっかり、あまさがあって、お口直しにぴったりです。

そして最後はペペロンチーノ(800円)。

思わず「アルデンテ」と呟いてしまうくらい、茹で時間ジャストのパスタに舌鼓をうちます。

最後まであっさり、しかしながら満足感も多い食事をいただけました。ワインからフードまで本当に美味しい。

想像以上にカジュアルで、美味しいお店

実は少し前からお店の存在は知っていて、行きたいなぁとは思っていたのですが、外観の件もあり少しためらってしまっていました。

しかしながら扉を開ければそこは想像以上にカジュアルな空間。料理も飲み物も美味しく、しかもリーズナブルにいただけるお店でした。

もっと早くお店を知っていれば…!絶対また行きたい場所です。

三丁目バール

店名三丁目バール
住所東京都品川区小山3-2-16 1F
電話080-4347-1856
営業時間[月~木] 18:00~23:00(L.O) [金、土、祝前日] 18:00~25:00(L.O)
定休日日・祝
タバコ完全禁煙
座席数13席
支払い方法カード可
予約予約可
関連リンクワイン酒場 三丁目バール [食べログ]

※金額は記事執筆現在のものです

キーワード
イタリアン・フレンチ